危険なマグカップ

2019.10.23 Wednesday

お気に入りのマグカップ。これはかなり危険な代物だ。
なぜならお気に入りのマグカップというものは、好きな音楽や映画と一緒で、その人の趣味嗜好。ひいては人柄や人格、教養の程度までもが表に出てしまうからだ。しかもマグカップは、はやりすたりの激しいファッションなんかよりもずっと無意識に、その人の深層心理の部分が出てしまっている気がする。

中高時代、ぼくは友人と好きな音楽や映画の話をよくしていた。自分の趣味嗜好がいかに優れているかを友人にひけらかしたり、あるいは踏み絵のように気の合う人間とそうでない人間を振り分ける。今思えば、そんな目的でやっていた気もする。
だけど大人になると、そういうことがあまり自分にとって得にならないと気づく。

趣味嗜好は人それぞれだし、自分のお気に入りを人に伝えることは、場合によって相手を傷つけてしまうからだ。「趣味嗜好に優劣はない」このことは最近かなり市民権を得てきた。自身の趣味を相手に押し付けるような発言や行為が、かっこ悪いという風潮すらある。いやそれ以上に、なにより自分の教養レベルや趣味のレベルなどを相手に測られてしまうような気がして恥ずかしい。
好きな本や映画をさらすなんてもっての他だ。
たまに「どんな映画が好きですか?」と聞いてくる人がいるが、「この人は自分のレベルを測ろうとしているのか?」と勘ぐってしまう。

自身の趣味嗜好、教養。そういったものはできるだけ表に出さず、相手にも訊ねない。趣味の話はそれが100%同一だと分かっている相手とだけ話す。これは現代を生きる大人が持つべきマナーやルールと言えるかもしれない。

で、マグカップだ。
ぼくが思うにマグカップに関しては、みんな驚くほどガードが甘い。
職場のデスクの上にあるマグカップを並べれば、きっと個性豊かな面々となるだろう。そして大体どのマグカップが誰のものか分るんじゃないだろうか?
あるいは、「あの開発部の地味な彼がこんな派手なカップを!?」とか「あの、きゃぴきゃぴしている総務の女の子がこんな品のいい有田焼のマグカップを!?」とか、そんなギャップ萌えもあるかもしれない。
ともかく、このご時世にマグカップに関してだけはみんな驚くほどガードが甘く、思い切り自分を出してしまっているのだ。

だから、マグカップは危険で面白い。

なにかとコンプライアンスやら多方面への配慮が優先され、何も言えない風潮の中で、みんなマグカップくらいは使いたいもの使わせろよ!と思っているんじゃないだろうか。
マグカップは控えめな個性の爆発。マグカップは個性最後の砦。マグカップはこの厳しい暗黙の言論統制のしかれた現代におけるロックなのだ。

そうだ!!ぼくたちには好きなマグカップを使う権利がある!!

で、これが最近ぼくが買ったお気に入りのマグカップ。

このマグカップを見て、ぼくがどんな人間かなんとなく想像がつくんじゃないだろうか。
だけど、このマグカップがおすすめなのか?と言われると、それはちょっと違う。 どこがいいのか?と問われても上手く答えられない。
カフェイン中毒のぼくにとってコーヒーを飲むのは結構大事な時間で、このマグカップがぼくのその時間をより素敵なものにしてくれる気がした。というのが選んだ理由だ。

とても軽いとか、取っ手が持ちやすいとか、飲み口がいいとか、人間工学がどうとか、ぼくが思うにマグカップの役割において、そういう機能面の部分というのは「ついで」でしかない。
いい悪いじゃなくて好き嫌いの問題なのだ。このマグカップはぼくにとっての最適解だ。

ハリー・ポッターの魔法の杖みたいに、その人とマグカップがひかれあう。マグカップに限らず、道具と人との間にはそういう親密な運命みたいなものが存在すると信じたい。それは同じ人であっても、年齢を重ねると変わったりもするものなんだと思う。

趣味嗜好がばれるのを恐れずマグカップくらいは自分の一番気に入ったものを使ってほしい。
お気に入りのマグカップは、あなたがそれを使う時間をちょっとだけ豊かにしてくれるから。(も)

SPECIAL THANKSのマグカップ

¥3,850

黒陶 唐草彫 マグカップ 波佐見焼

¥2,200

サビ十草 スープカップ 有田焼

¥1,980

デイジー マグカップ 波佐見焼

¥4,180

染付 丸マグ 波佐見焼

¥2,200

染付 マグカップ 波佐見焼

¥2,750

巻唐草 / 角点紋 マグカップ 波佐見焼

¥1,980

窯変 スープマグ 波佐見焼

¥1,300

シャビラック 線紋 フリーカップ 波佐見焼古代文明っぽいティーカップ

¥5,500

手挽き マグカップ 波佐見焼

¥2,200

しのぎ フリーカップ 有田焼

今週の アウトレット

人気だけど廃盤。ポップな配色の有田焼 マグカップ!

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!

今週のアウトレットはポップな配色の有田焼 マグカップ。今から5年前の2016年、有田町で行われた有田焼創業400年プロジェクトの企画として複数の窯元さんが協業し作ったマグカップのうちの1つです。ブルー × イエローのポップな配色に鹿の絵付けのこのマグカップは大人気だったとか。しかし、その後大人の事情(?)で継続しての生産がされていません。当店にももうないと思っていましたが1つだけ出てきました!気になったなら迷いなしです!

¥4,290

【期間限定販売!】【デッドストック】鹿紋/桜紋 マグカップ 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE