motifを買いに – 後編 –

2020.09.23 Wednesday

午前中からすでに気温30度を超えているのではないかというほどの猛暑のなか、マスクにエプロン姿で私たちを迎えてくれた奥さんのアヤコさん。まず見学させてもらった工房では、木棚に積まれたたくさんの素焼きの器の周りを囲むように職人さんが絵付けや窯入れの準備など、それぞれの持ち場で黙々と作業をされていました。同級生のヨシヤスくんも手元のサンプルを見本に真剣な表情。ラジオのパーソナリティーの声だけが室内に響き、ほどよく張りつめた空気がその場に漂います。

息を呑むような真剣な空気が漂います。


アヤコさんが手がけるmotifの作業場もその一角にあって、あの独特の紋様をどのように描いているのかを、道具や工程も踏まえひとつずつその場で見せながら丁寧に説明してくれました。その後はショールームに移動して吉右エ門のたくさんの商品を紹介してもらい、その特徴と自社の強みを聞くことができました。


「伝統を重んじる業界のなかでもその時代時代に合わせて柔軟に変化をしてきたのが吉右エ門の強さだと感じています。ヨシヤスくんも含め職人さんたちはいまも常に新しい表現を求めて日々の製作に取り組んでいます。motifも吉右エ門があるからこそ、有田だからこそ出来ているものなんです。これまでのmotifの商品はすぐ近くにある自宅に置いてあるので、そちらもぜひ見ていってください」

motifの代名詞ともいえる印版。



制約があるなかであれこれ考えたり表現をするのが好きなんです

群馬で生まれ育ち、東京の大学を卒業後は都内のテキスタイル会社で仕事をしていたというアヤコさん。結婚を機に佐賀に来て、吉右エ門の仕事のかたわら陶磁器の基礎を学ぶために町内にある窯業大学校(現:佐賀大学)にも通ったといいます。そうして日々新しい学びを積むなかで、いちから新しいものを作るのではなく、吉右エ門がこれまで培ってきた伝統と学生時代からのテキスタイルへの強い興味を活かして自分にも何かできないだろうかと動きだしたのがmotifの始まりだといいます。


業務用食器を主軸におく吉右エ門にあって新しく日用食器を作ってブランドを始めたいという思いは、日々目の前の業務で忙しい社内ではもちろんのこと、夫であるヨシヤスくんにも反対はされずともどこか心配をされてたんじゃないかなとアヤコさんは振り返ります。日中は家業である吉右エ門の仕事をしながら子育てもこなし、辺りが静まった夜中に自宅でデザインや構成を練る日々。

このデスクからさまざまなアイデアが生まれています。


「それでも好きなことだし、吉右エ門の長い歴史とその土台があるからできていることなので、その環境にむしろ感謝しているんです。それに自由に何でもやっていいよと言われると逆に困っちゃうほうで、制約があるほうがどうしたらいいかなっていろいろとアイデアが浮かんできたりするんです」


知り合いから借りているという自宅には古いものが好きというアヤコさんの感性で揃えられた家具や小物などが雑然と見えてきれいにレイアウトされています。建物の古さと調和した温かい雰囲気を感じながらここでmotifが生まれたのが納得!と思えるとても素敵な空間。そこで初期のころの作品からいま新しく取り組んでいるデザインのサンプルまでたくさんの商品を見せてもらいながら、これまでの取り組みとこれからの想いを聞かせてもらいました。


「テキスタイルの経験を器に置き換えて自分らしい表現を模索しながら日々製作を続けています。吉右エ門がもつ技術や素材も上手に取り入れながら、自分のなかで掴みかけているものを信じてそれを作品に落とし込んでいきたいですね。これからはもっとギフトとしても選んでもらえるように、それこそ得意のテキスタイルと組み合わせた提案などもやっていきながら手に取ってくれた人の役に立てればと思っています」

だめ、物欲が止まらない。


取材の終わりにその場でいくつか商品を購入し(それが目的?笑)、いまでは毎日のように我が家の食卓に登場しているmotifの器たち。ふだんの何気ない食事を楽しくワクワクするものに変えてくれています。 


「久しぶりに実家に帰ってみんなで食卓を囲んだときなんかに、昔よく使っていた器に料理が盛られてたりすると無性に嬉しかったりするんです。スタイリッシュさなんかない普通の器に懐かしさを感じるのか、ちょっぴりホロっとしたりして。家族の一部というか思い出の一部というか、motifもそんな存在になってくれたら嬉しいですね」


その情熱を胸に終始楽しそうに私たちを迎えてくれたアヤコさん。その温かい人柄がmotifにもしっかりと刻まれているなぁと思いました。一層大切に、ガンガン使います! アヤコさん、ヨシヤスくん、吉右エ門のみなさん、ありがとうございました! (す)

照れくさそうに笑うヨシヤスくんとアヤコさん。

吉右エ門製陶所
佐賀県西松浦郡有田町応法3778
https://www.motif-aritakichiemon.jp/

今週の アウトレット

人気だけど廃盤。ポップな配色の有田焼 マグカップ!

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!

今週のアウトレットはポップな配色の有田焼 マグカップ。今から5年前の2016年、有田町で行われた有田焼創業400年プロジェクトの企画として複数の窯元さんが協業し作ったマグカップのうちの1つです。ブルー × イエローのポップな配色に鹿の絵付けのこのマグカップは大人気だったとか。しかし、その後大人の事情(?)で継続しての生産がされていません。当店にももうないと思っていましたが1つだけ出てきました!気になったなら迷いなしです!

¥4,290

【期間限定販売!】【デッドストック】鹿紋/桜紋 マグカップ 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE