新生活これだけ。一人暮らしの器

湿度と色彩

2020.11.01 Sunday

こんにちは。夫と娘が公園に行ったので、一人のんびり本でも読みたいながたです。

しっとりしとしと、時雨のような…。 釉薬のにじみや垂れ落ちる様子に一目ぼれしたマグカップ。ゆっくり過ごしたい日に、読書のおともにぴったりだな…とうっとり。こんな素敵な色合いの器がうまれる波佐見町。もしかしたら山が近くて湿度が高い地域だからなのかも? 

そんなことを思いつき「気候と色彩の関係」を調べてみました。赤道に近いほど赤やオレンジがきれいに見え、赤道から離れるほどやわらかく、ひかえめで、青っぽい光が降り注ぐそうです。また、湿度が低い地域では澄んだ色が映え、湿度が高い地域ではグレーがかった色が映えるそう。

うーんなるほど。やはりどんな色が美しく見えるのか土地によって違うんですね。南国で買ったお土産を自宅でみると「なんだか派手すぎるな」と思うのもうなずけます。

夏のじめじめした湿気が嫌で「梅雨の時期、湿度の低い国に家ごと移動したい!!」と思っていましたが、この気候でないとうまれない色がある…。そう思うと湿度を愛せるように…なるかも!? 色んな国・地域の工芸品を気候目線で見比べてみたくなりました。(な)

こちらの記事でご紹介した商品↓

¥2,200

釉十草 / 釉流し マグカップ 波佐見焼

¥1,000

色釉 しのぎ 豆皿 有田焼

今週の アウトレット

人気だけど廃盤。ポップな配色の有田焼 マグカップ!

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!

今週のアウトレットはポップな配色の有田焼 マグカップ。今から5年前の2016年、有田町で行われた有田焼創業400年プロジェクトの企画として複数の窯元さんが協業し作ったマグカップのうちの1つです。ブルー × イエローのポップな配色に鹿の絵付けのこのマグカップは大人気だったとか。しかし、その後大人の事情(?)で継続しての生産がされていません。当店にももうないと思っていましたが1つだけ出てきました!気になったなら迷いなしです!

¥4,290

【期間限定販売!】【デッドストック】鹿紋/桜紋 マグカップ 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE