かぶと大蛇退治伝説

2020.11.06 Friday

こんにちは!スタッフながたです。今日は淡い紫とピンクのカラーがかわいいかぶモチーフの箸置きをご紹介。

有田には町内の戸矢(とや)という地区で作られている「戸矢かぶ」と言われる根の上半分が赤紫色の伝統野菜があるのですが、(東京でいうと練馬大根とか大蔵大根みたいな感じでしょうか。)もしかしてそれをイメージしているのかも…?

なぜ戸矢かぶが赤紫なのかというと、平安時代の武将、源為朝(みなもとのためとも)が黒髪山の大蛇退治をした際に流れた大蛇の血が流れていき、カブを染めたのだとか…。「戸矢」という地名も為朝が放った矢が跳ね返り、家の戸にささったのが由来。為朝はまたの名を鎮西八郎といい、体か大きく、強弓で知られ九州で暴れまわっていたそうです。そんな人がなぜ有田に立ち寄ったのかしりたい…。

子どもの頃からこの伝説を何度も聞かされていたので、大河ドラマ「平清盛」で為朝が出てきたとき、「この人が為朝か~~!!!」と感激しました。イメージしていたより10倍荒々しい大男でした。

箸置きの話から、歴史の話に脱線してしまった! とにもかくにも、かぶの箸置きはかわいいです。

1996年(平成8年)有田町で行われた「世界炎の博覧会」ではじめてお披露目されたからくり人形はこの大蛇退治の伝説を再現したもの。陶山神社近くにある「有田館」で見ることができるので有田観光の際にはぜひご覧ください!(な)

参考サイト
▶伝統文化の交流プラザ「有田館」

紹介した箸置き

¥880

かぶ 箸置き 有田焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE