同じ形のマグカップ

同じ形のマグカップ

2020.09.25 Friday

形は同じだけど、色や絵柄の違うマグカップ。

焼き物の形を作る製法の1つに「型成型」という製法があります。
練った土を型に入れて押し固める製法のこと。
この押し固められた土は業界用語では生生地(なまきじ)と呼ばれ、その生生地を素焼きしたものが生地(きじ)と呼ばれます。
生地に釉薬をかけたり、絵付けをしたりして、本焼きに入り、本焼きしたものを窯出しすれば焼き物の完成です。

さて、素焼きされた後の生地の状態では同じ見た目の器も、その後の釉薬掛けや絵付けによって、様々なイメージの器に変身します。

こちらのマグカップも形はどれも同じ。同じ型で作られた型成型のマグカップ。 持ちやすい取っ手。口縁部分は内側がカットされていて、飲み口が心地よくなるよう工夫がされています。

見た目も使い勝手もいい人気のプロポーションですが、その後の製法によって・・・、

<釉薬掛け>
生地のガラス質の釉薬という物質を掛ける釉薬掛け。掛ける釉薬によって、出来上がる器の印象は全く変わります。窯の中で化学変化を起こして、複雑な模様が出来上がるものもあります。

天龍青磁 マグカップ 波佐見焼

「天龍青磁 マグカップ 波佐見焼」
鉄分を含んだ釉薬が掛けられています。
窯の中で変化によって、緑味の肌に斑模様のような不思議な柄が出来上がります。


パール釉 マグカップ 波佐見焼

「パール釉 マグカップ 波佐見焼」
真珠のようなガラス質の乳白色の釉薬が掛けられたマグカップ。ぱっと見ると磁器というより金属のようにも見えます。
口縁にはフチサビの技法があしらわれています。


<釉薬掛け分け>
色の異なる釉薬を半分に掛ける「釉薬掛け分け」の技法。
掛けるというよりはバケツのようなものに入れた釉薬にちゃぽんと浸すような技法らしいです。2色掛け分けのマグカップはその配色のイメージがダイレクトに伝わります。

アメ釉 掛け分け マグカップ 波佐見焼

「アメ釉掛け分け マグカップ 波佐見焼」
飴色の釉薬、アメ釉とオリーブ色、ホワイト色の落ち着いた配色。


色釉 バイカラー マグカップ 波佐見焼

「色釉 バイカラー マグカップ 波佐見焼」
こちらは、水平方向の掛け分け。見込み(カップの内側)は白色です。白と発色のいい釉薬の2色配色はそれぞれ全く違う印象。個人的にはオリーブ色が好きです。


色釉 レッド×ブルー マグカップ 波佐見焼

「色釉 レッド×ブルー マグカップ 波佐見焼」
赤い釉薬と青い釉薬の2色配色が目を引く、ひときわ印象的なマグカップ。上のパール釉と比べでも、まったくちがう個性を感じます。
※こちらの商品は本記事執筆時点(2020/09/25)では予約注文商品となっております。

<染付>
素焼き後の生地に絵付けをしてガラス質の透明な釉薬をかけてコーティングするのが染付。絵柄はもちろん職人さんの手描き。釉薬掛けよりも手間がかかる分お値段も少し高め、絵柄が細かく緻密であるほど値段が高くなる傾向があります。白磁に呉須の青が映えて上品な印象です。

古染濃笹 マグカップ 波佐見焼

白磁に呉須の青で描かれた、古染濃笹模様が美しい。上品な印象の染付マグカップです。



いかがでしょう?形が同じでも、釉薬や絵付けによってまったくイメージが変わりますよね。
どの技法が好きでしたか?(も)


こちらの記事でご紹介した器↓

¥2,200

色釉 レッド×ブルー マグカップ 波佐見焼

¥2,200

アメ釉 掛け分け マグカップ 波佐見焼

¥2,200

天龍青磁 マグカップ 波佐見焼

¥2,200

パール釉 マグカップ 波佐見焼

¥2,750

古染濃笹 マグカップ 波佐見焼

¥2,200

色釉 バイカラー マグカップ 波佐見焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE