SPECIALTHANKS20191114

有田の女と有田焼

2019.11.15 Friday

妻と出会ったのは10年ほど前の東京。
その頃ぼくは20代後半で何を思ったかプログラマーの仕事を辞めて服飾専門学校に通っていた。彼女は現役でその専門学校に通う学生だった。
出会ったばかりで会話もたどたどしい頃。彼女が有田焼で有名な有田町出身だと言うので「有田って何県だっけ?」と聞くと、きまり悪そうに「佐賀県‥‥。」と答えた。ぼくは「ええ!!有田って佐賀にあるの!?」と驚いた。東京出身だったぼくは、それまで有田町が佐賀県にあるということを知らなかったのだ。
今思えばいろいろと失礼な質問と返しだったと思う。

で、現在ぼくは彼女と結婚して子供も出来て、家族3人で佐賀県有田町に住んでいる。人生って何があるか分からない。

SPECIALTHANKS20191114

服飾専門学校を卒業すると、ぼくたちは高円寺で同棲を始めた。驚いたのは、彼女が持っている食器のほとんどすべてが有田焼と波佐見焼だったこと。それに無印良品とIKEAが少々。
当時20代後半だったぼくは器にまったく興味がなかった。その頃のぼくが愛用していた器は100均で買ったのっぺりとしていて重くて白い深めの器だったし、その器に100均で買ったうどんと納豆とめんつゆと卵を入れてめちゃくちゃにかき混ぜた、料理と言えるのか分からないものやら、レトルトカレーやらラーメンやらを盛っては食べていた。
当時ぼくの人生の優先事項はバイトと遊ぶことだったし、食事なんてとりあえずお腹にたまればよかった。
生活の質なんてものにまったく頓着のない若くて健康で無知で浅はかな青年にとって、器は世界で最も関心のない事柄の1つだった。器にお金をかけるなんて発想すら持っていなかった。それなら新高円寺の四文屋に飲みに行った方がましだ。
だから地方から上京してきて時給900円のパン屋でアルバイトをしている女の子が、有田焼や波佐見焼の器を使っていることに、当時のぼくはかなりのショックを受けた。ぼくがおかしいのか?

同棲によって発生する現象の1つに「我慢できる方が我慢できない方に合わせる。」ということがある。
ぼくは器に興味やこだわりがなかったけれど、幼少期から有田焼を使っている有田町出身の彼女は器にこだわりがある。そういう訳で、同棲後わが家の器は有田焼や波佐見焼にゆっくりと入れ替えられていくことになった。

SPECIALTHANKS20191114_

それで実際に有田焼や波佐見焼を使ってみると、食器の良さというものについて徐々に認識が変わっていき、最終的にその認識は180度変わることになった。

器がかわると料理や飲み物の味も変わる、食事や生活自体の質も変わる。
見る、触る、使う。丁寧に作られたモノと触れていると、生活の根っこの部分が豊かになった気がする。 その効果は当時のぼくにでも確実に体感することが出来た 。

特に顕著に感じたのは、お茶碗とかマグカップとか、普段使いして、直接触れる器だった。 それは棚に置いてあるだけでも、なにやらいい感じのオーラを放っていて、少し裕福になったような気がしなくもない。実際に手にとってみると見た目より軽く、表面からは料理の温度が伝わってくる。食器が口に触れたときの感触、香り、温度。 これは間違いなく味覚の延長だったし、実際に料理が美味しく感じた。バイトの時給が1円も上がらなくても、なんとなく生活が豊かになった気がしたのだった。

あれから10年。良質な器のおかげか分からないけど、いろいろあって彼女と結婚し、高円寺のフリーター生活からも脱し、妻と子供と3人で妻の故郷の佐賀県有田町で生活している。
そして今、良質な器の良さについて文章を書いている。
人生って本当に何があるか分からない

現在、段階的に入れ替えられていった我が家の食器棚の顔ぶれは、ほとんどが有田焼と波佐見焼の器となっている。それと無印良品とIKEAが少々。

SPECIALTHANKS20191114

いい食器はあるだけで生活を結構豊かにしてくれる。そしてひょっとすると人生だって変えてくれるのかもしれない。少なくとも、あの高円寺のうさぎ小屋みたいな狭い部屋でしょうもない生活をしていたぼくに(あの生活はあれでそれなりに楽しかったのだけど)妻と食器が新たな世界を見せてくれたことは間違いない。

ところでこの文章を書いていて思い出すことになった、あの100均の器がどうなったのか。まったく覚えていない。(も)

¥3,850

しのぎ フチサビ マグカップ 有田焼

¥2,750

黒陶 ワラ灰釉 茶碗 波佐見焼

¥3,850

染付 外濃唐草 茶碗 有田焼

¥2,530

染付 ひねり紋 茶碗 有田焼

¥1,320

面取 茶碗 波佐見焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE