陶芸家 小筆さんのアトリエにお邪魔しました。

2020.01.12 Sunday

つるんとした磁器の質感と、有機的でやわらかなフォルムが共存している。それは今まで見てきたどの有田焼とも違う。凛としていてあたたかい、そんな器たち。

陶芸家・小筆さん の商品をSPECIAL THANKSで取り扱わせていただくことになりました。

町内のイベントや陶器市でお会いしたり、Twitterでお互いの日々のあれこれにコメントをし合っていたところ仲良くなった小筆さん。「手びねり」で器を作られているって聞いたけど、一体どうやってつくるんだろう・・・? 実際に見てみたい! とアトリエにお邪魔してきました。

器を作るアトリエといえば、煙突がある場所や工場(こうば) のような場所を思い浮かべますが小筆さんのアトリエはすてきなご自宅の一室。

窯業大学校(★)で学び、窯元での勤務を経て24歳で独立。 1997年から2013年けい工房として作陶されていましたが、子育て等で活動を一時休止。2018年より小筆として再開されています。

「24歳の若さで独立するってドキドキしませんでしたか・・・?」と聞くと「若いし怖いもの知らずだったから」と笑う小筆さん。

(★)窯業大学校・・・有田町にあった陶磁器専門の専修学校。2016年度に4年制課程を佐賀大芸術デザイン学部に、2年制課程と短期研修を県窯業技術センター人材育成事業に移管。

できあがったばかりのカップ。作業台の横で乾燥中。
淡い色の絵の具は町内の絵の具屋さんで購入されているそう。

「私たちは器を作ったことがないので、ろくろって言われるとイメージがわくけど、手びねりってイメージがわかないんですよね・・・。」と言うと、「きっとそうかなって思っていました。(笑)今から作ってみせますね。」となんと実演していただくことに!

まず土の重さを量り、生地(粘土)を伸ばす厚さが同じだと、だいたい同じ大きさになるそう。「なんとなく目指す形にむかって伸ばしつつ、形を整えます・・・」と、生地を作業台におしつけたりまわしたり・・・。

最後に飲み口にぬれた布でなめしをかけて、とんとんと形を整えると完成。あっという間に器ができる様子を目の当たりにし、「まるで魔法・・・!」と驚くSTスタッフ。

この製法は小筆さんオリジナル。 ろくろに近い風合いでもっと自由な表情を表現できる成型方法を探して試行錯誤をしたところ、 自分の手で生地の厚みを感じながらつくることができ、手しごとのあたたかさを残すことができるこの製法にたどり着いたそう。

磁器や陶器は高温で焼くことで生地が収縮して大きさが変わります、ふたつきの器(ボンボニエール)は作るのが難しそう。
あたたかいコーヒーとチョコレートでほっこり。
なにを並べようかな・・・と考えるのが楽しい大きめのおぼんプレート。

有田焼ときくと、広い工場(こうば)で作られているイメージがある人も多いはず。(実際にはそういう窯元の方が多いと思いますが)小筆さんやcocosara さんのように自宅など小さいアトリエで作られている作家さんも多く、まさに多種多様な器に出会えるのが有田。

忙しい毎日、ほっと一息つきたいときにそっとよりそってくれそうな小筆さんの器。 食卓にぱっと花が咲くような、一足早い春を迎えてみませんか。

▼小筆さんのうつわ

¥3,300

【受注販売】小筆 手びねりマグカップ 有田焼

¥2,970

【受注販売】小筆 合わせ湯呑 有田焼

¥4,180

【受注販売】小筆 しずく皿 有田焼

¥4,180

【受注販売】小筆 おぼんプレート(小) 有田焼

¥3,520

小筆 スープマグ 有田焼

¥7,480

【受注販売】小筆 おぼんプレート・マグセット 有田焼

¥880

小筆 ブック 箸置き 有田焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE