特集:ハロー!!新生活。

皿山ごはん – そうた窯(後編)-

2020.04.02 Thursday

伝統的な染付技法をいまに伝える有田焼の窯元として今年で22年目を迎えるそうた窯。インタビュー前編ではその歴史と娘の千佳さんがUターンで戻ってくるまでのエピソードを聞くことができました。


取材スタッフと雑談を交わしながら直哉さんも千佳さんも揃いのお弁当でお腹を満たした後は、好きに見ていいよと言われた工房内をおふたりと一緒になって案内してもらうことに。ガラス戸で仕切った工房の奥には大きさの異なる複数のガス窯が整然と積み上げられた素焼きの器を前に今日もその出番を待ちます。その傍らでは直哉さんが手ろくろで引いた作りかけの大皿や鉢のほか、たくさんの試作サンプルがところ狭しと並んでいて、ふだんは気さくな直哉さんの職人としての絶え間ない創作活動の一端を目にすることができました。どの作品にもそうた窯としてのアイデンティティーが込められていて、丁寧な説明の端々に直哉さんの熱もこもります。では、その姿を幼いころから間近で見てきた娘の千佳さんはこれからのそうた窯をどうイメージしているのでしょうか。


「手づくりとか手描きとか、自分たちがこれまで培ってきた伝統技術を守っていく、それはこれからも続けていきたいですね。それがそうた窯の強さ、良さだし、それをお客さまも分かっていらっしゃるから。その部分はこれからも変わらずアピールしていくのはとても大事なことだなと思っています。父が20年やってきてそれなりに名前は知られてきたと思うけど、まだまだこれから。私が戻ってきてからのこの2年で少しずつお客さまと直接触れ合う機会を増やしているのですが、何年も展開している絵柄を初めて見たというお客さまや、そうた窯のことを全然知らなかったというお客さまもまだまだ多いのが現状。毎回売り場を変えるたびに買ってくれるのは新しいお客さまがほとんどで、これいいですね、初めて見ましたって言って買っていただくことが多いんです。だからもっともっと自分たちの良さをアピールしていけば欲しいって手にしてくれる方がいると思うから、そういう機会は積極的に増やしていきたいなと思っています」

オンラインやSNSなど、発信や販売も含めた消費者とのコミュニケーションツールには困らない時代。その流れに合わせて直販を伸ばしていく方向に徐々にシフトしていくんですか?という質問に千佳さんは続けて答えます。


「オンラインやイベント出店に力を入れて直販を伸ばしていくこともできるとは思うんです。でも私としては繋がりがあってこその地場のメーカーだと思っているから、その立ち位置を大事にしたいというのもありますし、自分もそっちの方が好きなんですね。いろいろな方とあれがいいとか、これどう思います?とか、そういうコミュニケーションを図りながらお客さまに喜んでもらうものを一緒になって作っていく。直販は売りたいからとか儲かりたいからって理由ではなく、あくまでも自分たちを知ってもらう機会を作りたいから。これまで培ってきた商社さんとの関係性やこれからできる新しい関係性も含めて、バランス感覚を大切にしながらひとつずつ前に進んでいきたいと思っています」


メーカーと商社それぞれに良さと持ち味があるという千佳さん。海外の販路開拓も視野に入れ、ちょうど動き始めたばかりと次々と新しい風を吹き込んでいるようです。


「あれをしたい、これをしたいって明確な目標があるわけではないんです。日々模索して試行錯誤を繰り返しながら、いろいろなチャレンジをとおして得た感触を次のアクションに繋げていくってそんな感じです。これまでの伝統や技術はきちんと守って、さらに発展させていくのが大前提っていうか、それができてこその自分たちですから。そのベースのうえに卸はもちろん、オンラインや直販、海外展開などいろいろな販売形態を作っていければなって思っています」


これからはもっと異業種とクロスしていくと思うし、そこに自分たちの時代にはなかった新しいおもしろさがあるんじゃないかなと直哉さんも続けます。

「問題もたくさんありますけどね。笑 でも壁もあるけどおもしろいような変化もあるし、これからが楽しみなんです。同世代もいるし、考えたことがそのまま形にできる環境にいる、それだけできっと恵まれているはずだから」


いま目の前のことを大切に日々仕事に取り組む千佳さんの姿勢は私たちも見習いたいところばかり。これからのそうた窯の展開もとても楽しみです。では最後に、せっかくの親子共演ということもあり親子ならではのエピソードはありますか? 


「父は多趣味が過ぎるんです。クルマにバイク、飛行機にスキューバダイビング、ギターにアマチュア無線まで。やるとなったらとことんだから、家族としては困っています。笑」

とはいっても、そういう私も少なからず父から影響を受けていますけどね。男っぽいとかハマりやすいとかではないですけど、学生時代にギターやったりとかいろいろ、性格の地盤になっているのは間違いないです。ちなみにそのときのギターとアンプはいま父の部屋にあるんですけど。やっぱり、どこまでも困ったオヤジですね 」(一同笑)

(は)

写真: 中島紳一郎

>>皿山ごはん – そうた窯(前編)-



▼そうた窯さんの器

¥3,300

染付 楕円皿 有田焼

¥3,300

染付 花弁紋 茶碗 有田焼

¥1,100

染付 外濃紋 小皿

¥1,100

線十草 楕円小付 有田焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE