特集:器と物語。

長崎県波佐見町が舞台! 青の花 器の森の聖地巡礼 その1

2020.06.16 Tuesday

有田町からこんにちは!SPECIAL THANKSスタッフのながたです。

あなたはもう、「青の花 器の森」を読みましたか?

現在、月刊flowersで連載中。「坂道のアポロン」「月影ベイベ」の小玉ユキ先生の最新作です。私たちが住んでいる佐賀県・有田町のお隣、長崎・波佐見を舞台に繰り広げられる器への情熱、大人の恋…。 波佐見焼の窯元で絵付けの仕事をしている青子。その窯に、海外で作陶していたという龍生(たつき)がやってきて…。波佐見温泉湯治楼に行った時に休憩場に置かれていた1巻を読んだ私は、これは全巻買わねば~!!と積文館書店有田店へ走りました。

有田町と波佐見町はお隣同士。地元のスーパーやカフェが作中に登場し、リアリティ満載。 私が知っているあの景色で、二人の想いが交錯しているかと思うとキュン死寸前です…。

胸の高鳴りが抑えられない! 聖地巡礼したい! します! 誰も止めてくれるな!!! と車を走らせること10分。

まずやってきたのは波佐見町の中尾山。主人公、青子と龍生が働く窯元がある場所です。400年前にはじまった作陶がはじまった場所である中尾山は、今も多くの窯元や商社が点在していてその歴史を守っています。毎年4月には「桜陶祭」、10月下旬には「秋陶めぐり」が行われています。

波佐見町の中心から少し外れた山の中にあります。のどかな田園風景を走っていると、突然古い町並みがあらわれます。初めて訪れる人はびっくりするかも。

1巻の冒頭で青子が車を走らせる坂。立派な錦絵のつぼが設置されています。伊万里や有田でも、屋外に立派なつぼが置かれている光景をよく見るのですが本当に外に置いていていいんですか!? と若干不安になります。(笑)

欄干(らんかん)にも陶板がまかれています。か、かわいいぃ…! 町のいたるところに波佐見焼があり、ものづくりの息づかいが聞こえてくる町で青子は働いているんだ…。

坂の上まで歩いて 「中尾上登窯跡」へ。第10話で青子がアップルパイを渡すために龍生を探しにいくシーンの舞台です。そうです、ちょっとドキドキなアクシデントがあるあのシーンです! 正保元年(1644年)に建立、全長160m・33室の窯室があったとされ世界最大級。数え切れないくらいの器が焼かれてきた、まさに龍の背中のような大きな登り窯なのです。

あ、あれは!  龍生くんが座っていたベンチではないか!!!

シャツを着ているということしか共通点がない弊スタッフで再現してみました。眼下に広がる中尾山の景色。400年、同じ産業が同じ場所で続いているって奇跡のようにすごいこと。山と川と産業が折り重なるように共存している風景が心にしみいってきます…。

窯跡の下には、第10話の扉絵で二人が歩いている坂も! こんな風景が日常にあるって素敵すぎませんか…。

青の花 器の森ファンにも、和食器ファンにも、古い建築や町並みが好きな人たちにもぜひ訪れてほしい中尾山。 探していた風景と一致したときの感動…自分も作中にいるような体験…早く安心して旅行ができるようになって、全国のファンの人たちに体験してもらいたい!!!  その2につづきます。(な)

参考サイト
▶陶郷 中尾山
▶中尾山交流館(波佐見町観光協会)

▶小学館コミック 月刊フラワーズ
▶小玉ユキ先生の作品一覧
©2020小学館 小玉ユキ


その2はこちらから!  > 光春窯に潜入! 青の花 器の森の聖地巡礼 その2

その3はこちらから!  > ついに有田が登場! /青の花 器の森の聖地巡礼 その3


中尾山にある窯元さんが作る器をご紹介

青子たちが働く光春窯さんの他、中尾山にある窯元さんの器をご紹介!!

¥1,760

光春窯 白磁 / 瑠璃釉 多様鉢 波佐見焼

¥2,200

光春窯 色釉 掛け分け マグカップ 波佐見焼

¥2,200

光春窯 古染 取り皿 波佐見焼

¥2,750

光春窯 古染濃笹 マグカップ 波佐見焼

¥1,980

光春窯 古染草花 楕円皿 波佐見焼

¥1,100

一龍陶苑 色釉 しのぎ 中皿 波佐見焼

¥1,100

一龍陶苑 色釉しのぎ カップ 波佐見焼

¥2,420

筒山太一窯 金彩釉/ブルー釉/黒土かいらぎ 丸鉢 小 波佐見焼

今週の アウトレット

人気だけど廃盤。ポップな配色の有田焼 マグカップ!

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!

今週のアウトレットはポップな配色の有田焼 マグカップ。今から5年前の2016年、有田町で行われた有田焼創業400年プロジェクトの企画として複数の窯元さんが協業し作ったマグカップのうちの1つです。ブルー × イエローのポップな配色に鹿の絵付けのこのマグカップは大人気だったとか。しかし、その後大人の事情(?)で継続しての生産がされていません。当店にももうないと思っていましたが1つだけ出てきました!気になったなら迷いなしです!

¥4,290

【期間限定販売!】【デッドストック】鹿紋/桜紋 マグカップ 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE