特集:ハロー!!新生活。

皿山ごはん – そうた窯(前編)-

2020.03.17 Tuesday

有田町と隣接する武雄市山内町の境からほど近くに工房を構えるそうた窯は有田町出身の諸隈直哉さんがいまから21年前に開いた独立窯。濃(だみ)と呼ばれる有田焼の伝統的な染付技法による手描きの器を得意とし、諸隈さん自らが手ろくろで挽いた大物から型成型でつくる箸置きまで大小さまざまな商品を手がけています。

個人的にも小さい頃から自宅でフリーカップを使っていたり、上京してひとり暮らしをしていた頃や結婚して家族が増えてからも柄を変え形を変えては普段づかいや来客用に重宝してきた思い入れのある窯元。せっかくなのでいちど話を聞かせてほしいとお願いしたところ、そろそろ世代交代の時期だから新しい若いもんに話を聞いてよとのこと。その歴史から事業承継の話までそこにはどんな思いがあるのか、某N〇Kの人気番組よろしくお昼休みに直哉さんと娘の千佳さんを訪ねてきました。

今年で開窯22年目を迎える父・直哉さんはもともと実家の貞山(ていざん)窯で15年ほど修業を積んだ後に独立。当時はバブル崩壊の直後で周囲からは辞めておけと言われてのスタートだったといいます。縮小を続ける市場のなかにあって伝統の継承と時代の空気を取り入れた商品開発でたくさんの人気商品を手がけ、いまでは定番となったアイテムから新作まで幅広く展開しています。

そこに福岡のホテルに勤めていたひとり娘の千佳さんが戻ってきたのがいまから2年前。「帰ってこなくていいし、そのままお嫁にどうぞと思っていたのに。いきなりね」という直哉さんも予想外の展開に。

「小さいころからこの工房で遊びまわって中学時代は夏休みにバイトしてたり、陶器市でも売り子をして、就職してからも職場に無理言って連休とらせてもらって毎年手伝いにきていたし、コンスタントに接点はあったんですよね。でも父は戻ってこなくていいって言っているし、じゃあいいかみたいな、そう思って流していたんですけど。でもきっかけはおじいちゃんが亡くなったときかな。人って失ってみて初めてその存在に気づくことってあるじゃないですか。それと同じで実際に父がやめてここが無くなるって想像してみたら、寂しさというかこれまできちんと向き合ってこなかった後悔みたいなものが自分のなかにあるなって分かって。ずっと引っ掛かっていたもの、周りの友達のなかには実際に帰ってきてやっている子もいるのに自分はこのままでいいのかなって。そうやって改めて自分の本来の気持ちと向き合ってみたら漠然としていたものがはっきりとしてきたし、目の前の光景がだんだんとプラスに見えるようになってきて。それが原動力になって有田の窯業大学に入るにはいつまでに書類を出せばいいかとか、具体的な行動に移せるようになったんですね」

そうして有田に戻ってきて、いちから焼きものの製造に携わり知識を習得する日々。ひとつひとつの技術とその工程を学ぶことが新しい企画や職人さんとの円滑なコミュニケーションに活きてくるのだといいます。

「この世界に入る前までは情報が何もないから自分だけでできるのかなとか、仲間もいないしストイックにやれる性格でもないから大丈夫かなってちょっと不安に思っていたんですけど、思い切って飛び込んでみたら学校にもすでにコミュニティーはあったし、結構同じ年代の人もいたりして、これなら自分もやっていけそうだなって、そう思えたんですよね。周りのみんなとそれってなんでだろうねって前にも話題になったことがあって。出た答えはやっぱり有田だからだよねって。地元愛じゃないけど、でもそういうもんでしょってみんなが思っていた」

厳しさを増すこの伝統産業の世界で仲間とともに伸びていこう、新しいものを生み出そうとするそのエネルギーに父である直哉さんも希望を感じています。

「この子たちの同世代の繋がりはもちろん、自分たち親世代同志の繋がりをきっかけに下の世代が繋がることもよくあるし、その繋がりでこれからまた新しいことをやっていって欲しいなって。そうしてひとつひとつは小さな集まりでも異業種も含めて徐々に繋がっていけば、それがうねりとなって新しい動きが形になってくるんじゃないかなと思う」

と、ふだん面と向かってこういう話はしないという親子の会話を聞いたところでちょうど正午を知らせる時報の音。今日のお昼ごはんはどんなメニューでしょうか。

親子おそろいの小ぶりなお弁当箱にぎっしりと詰められた色とりどりのおかず。そぼろ入りの玉子焼きにかぼちゃの煮物、ひと口大のお肉を囲むのはプチトマトにブロッコリーとレタス。デザートのフルーツまでついています。

これって取材仕様じゃないですか? ゆかりとゴマをふりかけた2色ごはんを頬張りながら直哉さんが目じりにしわを寄せて口を押さえます。定位置のデスクに腰を掛け、ひとつずつ口に運びながら、忙しい一日のなかの束の間のひと息と午後からの段取りを頭に描きます。続く(は)

写真: 中島紳一郎

>>皿山ごはん – そうた窯(後編)-



▼そうた窯さんの器

¥3,300

染付 楕円皿 有田焼

¥3,300

染付 花弁紋 茶碗 有田焼

¥1,100

染付 外濃紋 小皿

¥1,100

線十草 楕円小付 有田焼

今週の アウトレット

今の時代じゃ作れない!?凝った作りのバブル時代の小鉢。

再入荷未定商品。廃盤となったデッドストック品などなど。訳あってのこりわずかとなってしまった半端品を期間限定、数量限定でご紹介!
※7月26日(月)~8月2日(月)までの期間限定販売です。
今週のアウトレットは、模様と朱色の釉薬が綺麗な小鉢。30年くらい前いわゆるバブル時代の商品です。生地に模様を付けたあと切って重ねることで立体的なかたちを作る、切りつなぎの手法。今の時代では採算が合わず出来ないほど工程が多く一点一点丁寧な手仕事で作られた小鉢です。

¥2,200

【期間限定販売!】【デッドストック】赤釉 三島彫り 切りつなぎ 小鉢 有田焼

デッドストック 発掘!復刻!
富士山 風鈴 波佐見焼

長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴を復刻しました

赤紫、ターコイズブルー、コバルトブルーの3つの富士山型の風鈴は数年前に作りかけのまま商品化されることなく何年物間倉庫の片隅で眠っていたものでした。長年倉庫で眠っていた波佐見焼の風鈴をSPECIALTHANKSスタッフが復刻しました。

デッドストック 復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

新入荷・再入荷!

有田焼。波佐見焼。伊万里焼。わたしたちの住む有田とその周辺の産地ブランドのうつわが新入荷、再入荷!
モンスター柄の子供用のうつわが新入荷!SNSでも大人気の有田焼のリーヴスシリーズの7寸皿も再入荷!

¥3,300

【こどものうつわ】モンスター プレート 有田焼

¥2,800

【こどものうつわ】和紙染め アニマル くまマグ 波佐見焼

¥4,400

晶金 ふたかすり 25cm長角陶板 有田焼

¥2,750

【デッドストック】復刻 富士山 風鈴 波佐見焼

¥1,540

黒柚子金銀・老竹フチ金 木甲小皿 有田焼

¥1,320

染付 富士山 盃 波佐見焼

¥3,300

リーヴス しのぎ7寸皿 有田焼

¥1,980

雲つばめ 輪花皿 伊万里焼

最近の記事

SPECIAL THANKS

メダルおめでとう!半端ね~やべ~カラフルな有田焼のスケボー箸置き

2021.07.26 Monday

いや~、すごいですね!半端ね~やべ~ビッタビタのゴン攻めでしたね!今年の東京オリンピックから正式種目となったスケートボード!昨日、今日と日本選手たちの活躍が止ま…

READ MORE

今週のアウトレット 平成レトロ 波佐見焼のファンシー箸置き

2021.07.20 Tuesday

毎週倉庫から発掘したものをご紹介している今週のアウトレット。 今週はこちらの箸置き。見つけた瞬間ひとめぼれしました! 昭和後期~平成初期に作られたものだと思われ…

READ MORE

有田のお盆は7月と8月の年2回?

2021.07.15 Thursday

有田町からこんにちは。有田町は先日梅雨明けしました。そして有田町はなんと今週がお盆です! 古くから窯業が盛んで商売の町だった有田では書き入れ時となる8月を避け、…

READ MORE

有田の車窓から。~松浦鉄道(伊万里⇒有田)~

2021.07.12 Monday

田舎に住んでいる大人は電車に乗ることがほとんどありません。 免許を取得したら、その後の人生で電車に乗る回数はおそらく数回程度ではないでしょうか。 電車どころか歩…

READ MORE